UA-54520454-1

モンゴル乗馬トレッキング Horse trekking in Mongol

1993年(竹宮43歳)から始めた乗馬。毎夏、1週間だけ。4回くらい続けた。
2000年から2016年までは大学勤務のため断念。学長職を退いてからまたモンゴル熱が。
でも、なんともう68歳なのだから、十分に「年寄りの冷や水」??
写真や会場についての簡単な説明を入力します。

各写真のコメントです各写真のコメントです各写真のコメントです

2018年の夏はウンドゥルシレットへ。
日本女性のオーナー?が運営する、ウランバートルから300キロ近く離れた草原。
ウランバートル近郊でも川があふれて洪水になっていたが、300キロ離れた草原でも洪水。くぼ地に囲われた羊たちが何百等も死んだとか。馬たちも逃げてしまったりして、乗馬用に用意されるはずの熟練馬がおらず、まだ気の荒い若馬ばかりとか。
写真や会場についての簡単な説明を入力します。

各写真のコメントです各写真のコメントです各写真のコメントです
各写真のコメントです各写真のコメントです各写真のコメントです

でも、着いた明くる日は十分に晴れて、今度は暑すぎる!!


この時期、モンゴルは晴れれば40度、雨が降ればたちまち火をたきたくなる天候。雷雨で全く乗馬できない日があったけれど、薪に火をつける体験を一行の全員ができてよかった。


ウンドゥルシレットでは、気球体験ができる。周囲のさまざまなキャンプから、気球飛行を目的に集まる旅行者が、明け方の飛行のためにここのキャンプで一時宿泊する。朝凪と夕なぎの時に飛ぶらしいが、風があったら中止。またバーナーで暖めた空気で飛ぶ熱気球だから、温度が低いとき(つまり温度差のある時)の方が条件が良い。そんなわけで、何日も待機する人もいるらしい。私たちは乗馬目的だったので「条件が合えば」と軽く考えていた。それなのにラッキーにも、草原を離れる前日の夕刻にそのチャンスが!!素晴らしい夕日を見られて、みんな大喜び。
そして最後の日は朝のうち雨で出られなかったけど、午後は雨が上がった!締めくくりを乗馬にできて、本当にうれしい。またここに来られたらな。

モンゴルでトレッキングを始めた頃、マンガレポートを描きました。
ここにそれをアップします。2本あるので両方とも見てね。


Horse trekking in Mongol MANGA Report by Keiko TAKEMIYA
Horse trekking in Mongol MANGA Report by Keiko TAKEMIYA
モンゴル乗馬トレッキングレポート漫画 by 竹宮惠子

モンゴル乗馬トレッキングレポート漫画 by 竹宮惠子